ニュース

2016/12/13

南阿蘇村の小学校に用具を寄贈致しました。

日本フラッグフットボール協会(東京都港区)は協会寄付金と筑波大学セキショウフィールド・アメリカンフットボールオープニングゲーム実行委員会からお預かりした寄付金を用いて、12月5日、熊本地震で被災した南阿蘇村の小学校2校にフラッグフットボールのボールとフラッグをセットにして寄贈致しました。



用具は、南阿蘇村立久木野小学校と南阿蘇村立中松小学校に贈られ、筑波大学アメリカンフットボール部の学生製作のビデオメッセージや色紙も子どもたちに届けられました。当日は、テレビ電話により筑波大学のアメリカンフットボール部の学生と子どもたちとの会話も実現し、用具とともに、学生から直接子どもたちに元気なメッセージが届けれられました。
ご寄附をいただいた皆様に、この場を借りましてご厚情に心から御礼申し上げます。